2 doctors talking

最先端がん治療に不可欠な情報の一元管理・保管を支援します。

サイバーナイフシステムのデータ管理システムは、包括的なデータ保管、および、計画作成・治療のワークフローの進捗に伴って生成されるデータの処理を行います。具体的には次のことが可能です。

  • 診断画像を取り込み、保存します。取り込まれた画像データは、サイバーナイフシステムネットワーク内にある他の治療計画ワークステーションで閲覧可能になります。

  • 完成した治療計画を保存します。治療計画は確認や承認が可能になります。

  • 日々の実行された治療の進捗記録が保管されます。

  • システム全体の患者データの進捗を一つのシステムで管理します。データはサイバーナイフシステムの
    ネットワーク全体に配信され、医療従事者は常に最新の情報を見ることができます。

  • ユーザー権限の設定を通じて患者データへのアクセスを制御し、各種法令や部門ルールに基づく情報管理を強化できます。

  • 定期的なデータベースのバックアップや複数のディスクドライブを使用することで、患者データの安全性と完全性を確保しています。

サイバーナイフのデータ管理システムは、放射線部門の DICOMインターフェースを内蔵しています。このインターフェースは業界標準 DICOMプロトコルを利用し、腫瘍情報システム(OIS)に対して治療計画や照射情報をエクスポートします。また、医師が処方した線量とともに、分割数・治療パスに関する詳細な情報を含むサイバーナイフ治療計画を、DICOM RT Plan のエクスポート機能を使って送信します。そして、照射された総MU数、分割数と治療パスなどの詳細情報が、サイバーナイフ治療の実施記録として DICOM RT Beams Treatment Record エクスポート機能により送られます。

また、臨床の場の効率を上げるべく、部門全体のワークフローやデータの長期保存に役立つようにデザインされた機能を有しています。

  • Report Administration:
    症例、QAなど多種の分析・記録保存用の部門レポートを作成し、MultiPlan® ダッシュボードから容易にアクセスできます。

  • Storage Vault:
    長期データ保存のためのハードウェア製品で、5,000人分のデータを保存できる容量10TBを追加できます。サイバーナイフシステムネットワークにシームレスに統合し、サイバーナイフデータ管理システムとともに運用できるように設計されています。ユーザー毎に異なる機器構成に対応して患者記録を自動的に保管するソフトウェアを提供します。