プレスルーム | プレスリリース

※本リリース記載情報は発表日現在のものです。最新情報と異なる場合がありますので、ご了承ください。

ニュース アイコン

CyberKnifeシステムに関して、VOLO最適化プログラムを搭載した治療計画システムへのアップグレードで、以前に比べて、治療計画の作成を最大で90%速く、治療時間を最大で推定50%短縮できると発表した。

ニュース アイコン

大規模前方視的臨床試験報告2報において、低/中リスク前立腺癌に対するCyberKnife寡分割照射(5回以内の照射)により、5年観察期間にて良好な生存率と認容可能な範囲の有害事象発生率が報告された。

ニュース アイコン

最近発表された2つの研究データは、骨髄移植のために白血病および多発性骨髄腫の治療を受ける患者に一般的に用いられる、全身照射(TBI)の実施におけるTomotherapyシステムの有用性を示している。

ニュース アイコン

ハイデルベルク大学病院の医学物理士Daniela Schmitt博士が、Accuray Precisionで作成した頭蓋内プランで、2018年TROG Plan Studyにおいてトップクラスの賞を受賞した。

ニュース アイコン

アキュレイは、37回のESTROに患者さん第一のがん治療のイノベーションを招来する。放射線治療システムとソフトウエア技術をバルセロナで行われるESTROmeetingで展示する予定。

ニュース アイコン

オランダにあるErasmus MCは、CyberKnifeシステムを用いて、オンラインアダプティブ治療の一例目の患者の治療に成功した。

ニュース アイコン

新しい治療計画システム「Accuray Precision」を発表。治療時間を短縮でき、高度な治療計画システムの機能によりワークフローの効率を向上。

ニュース アイコン

CyberKnifeシステムがリスク前立腺がん患者の優れた長期コントロールをもたらす、10年間のデータが示された。

ニュース アイコン

AAPMの年次総会で、はじめてとなるRadixactシステムの研究結果が発表された

ニュース アイコン

iDMS Data Managementシステムに関する510(K)の許可を受けた。iDMSシステムは、Radixact、Tomotherapy、そしてCyberKnife、治療計画システムとシームレスな統合を可能とする。