プレスルーム | プレスリリース

※本リリース記載情報は発表日現在のものです。最新情報と異なる場合がありますので、ご了承ください。

ニュース アイコン

CyberKnifeシステムがリスク前立腺がん患者の優れた長期コントロールをもたらす、10年間のデータが示された。

ニュース アイコン

第59回米国医学物理学会(AAPM)にて、Radixactシステムの有用性に関する初の研究結果が発表された。

ニュース アイコン

iDMS Data Managementシステムに関する510(K)の許可を受けた。iDMSシステムは、Radixact、Tomotherapy、CyberKnife、そして、治療計画システムをシームレスに統合することが可能である。

ニュース アイコン

Tomotherapyシステムによる頭頸部がん治療について、局所制御について優れた成績を示す新しいデータが発表された。

ニュース アイコン

コロラド州のAnova Cancer CareはCyberKnifeシステムを使ってこれまでに1500人の前立腺治療を実施したと発表した。

ニュース アイコン

CyberKnifeシステムを使用した初期乳癌治療に関する第Ⅰ相臨床試験のPreliminary結果がInternational Journal of Radiation Oncologyに掲載された。

ニュース アイコン

CyberKnifeシステムを使用した前立腺治療に関する第Ⅱ相前方視的臨床試験に関し、5年後の良好な結果がASCOにて発表された。

ニュース アイコン

画像誘導放射線治療機器Radixactシリーズ、放射線治療計画システムAccuray Precision、 統合データ管理システムiDMSデータマネージメントシステム承認が薬事承認を取得。

ニュース アイコン

CyberKnifeシステムを使用した前立腺治療に関する多施設前方視的臨床試験に関し、5年後の良好な結果がASTROにて発表された。

ニュース アイコン

1.第58回AAPMにてTomotherapyシステムによるアダプティブ治療の可能性につき発表があった。2.マルチリーフコリメータを使用したCyberKnifeシステムが、治療対象の患者数を拡大したという新しいデータが発表された。