トモセラピー | トモセラピーシステム 製品概要

Tomotherapy

CTスキャナーと放射線治療システムの統合、バイナリーマルチリーフコリメータの採用で多様な線量分布が実現可能

トモセラピーシステムは、CTスキャナーと放射線治療システムを統合したデザインです。この独特のデザインにより、毎日治療前に行う患者位置合わせの精度を担保し、リング型ガントリーを活用しながら三次元原体照射法(3DCRT)と三次元画像誘導による強度変調放射線治療(IG-IMRT)を行うことができます。

トモセラピーシステムによる放射線治療は、特許を取得した高度なマルチリーフコリメータ(MLC)により支えられています。MLC を高速開閉させることで放射線を照射したり照射を遮ったりし、ビームを多数の細かいビームレットに分割します。その動きのパターンは治療実施前に正確に計算され、照射口が患者の周囲を360度回転しながら、放射線ビームを腫瘍に集中させる一方で、重要臓器を避けるように照射を行います。

Tomo-2712-1

照射方法:ヘリカル照射

TomoHelical™ は、トモセラピーシステムの基幹機能であるヘリカルモードです。腫瘍の周囲360度からファンビームで行う強度変調放射線照射(IMRT)と、標準治療のための画像取得や複雑な形状の腫瘍を標的とするためのメガボルトCT(MVCT)画像を組み合わせています。治療実行中は、寝台がシステムのボア内部を移動すると同時に、直線加速器が患者の周囲360度を回転しながら照射を行います。高線量の照射を連続的に実行するため、ビームオンタイムは比較的短時間です。

TomoHelical は、三次元の照射角度によって放射線量を複雑に強度変調し、腫瘍に対して原体一致性の高い線量分布を再現することができます。すなわち、腫瘍に合わせて多数のビームレットをそれぞれ最適化し、正常組織への照射量を抑制しつつ、腫瘍に対する線量の原体一致性と均質性を最適化します。TomoHelical では、標的としている腫瘍に対する最終的な治療目標や照射を避けるべき臓器に対する線量制限、治療や分割スケジュールに合わせた変調レベルについて条件を設定し、治療計画を作成します。

5_tt-treatment-tomohelical_500x303.jpg

照射方法:ダイレクト照射

トモセラピーシステムの TomoDirect™ は、特定の角度から非回転照射を行うオプションです。TomoDirect では、治療計画において2~12種類の角度を設定し、変調強度レベルをユーザーが決定します。三次元原体放射線照射(3DCRT)により効率的に治療することができます。治療実行中は、それぞれのガントリー角度に対して適切なスピードでボアを通過する寝台に合わせて、ビームがターゲットに照射されます。

5_tt-treatment-tomodirect_595x361.jpg

患者位置合わせ

正確な放射線照射のためには腫瘍や周囲の重要臓器の位置を確認することが不可欠で、トモセラピーシステムでは CT 技術を機能の一部として取り入れました。トモセラピーの CTrue™ 技術は、画像誘導とアダプティブプランニングを支援する画像ソリューションを提供し、全ての患者さんの毎日の治療に利用可能です。

CTrue よる画像は患者セットアップ・位置合わせにおいて重要な役割を果たします。分割照射の各フラクションで CTrue を使用することによって、骨構造の位置照合などを高精度な3つのスライス断面上で比較・確認することができます。

CTrue による画像は、患者さんの体格に左右されることなく CT 値を算出します。画質の一貫性だけでなく、線量計算の不均質補正を正確に行うことにも適用できます。さらに、原子番号の大きな物質によって起こる kVCT 画像のアーチファクトは、CTrue 画像では大幅に低減されます。

販売名:Hi-ARTシステム (医療機器承認番号:21600BZY00679000)
販売名:TomoHDシステム (医療機器承認番号:22300BZX00380000)
販売名:ラディザクト (医療機器承認番号:22900BZX00032000)

※製品仕様は国・地域によって異なります。製品・機能は事前の通知なしに変更されることがあります。
詳細についてはお問い合わせ下さい。