ソフトウェア | Accuray Precision | 治療計画システム

iDMS® データ管理システム

最先端がん治療に不可欠な情報の
一元管理・保管を支援します。

治療システムおよび治療計画装置のデータをiDMS®と呼ばれる統合データ管理システムで一元管理します。

安全で一元管理されたiDMS®を使用することで、アキュレイ社製の放射線治療装置間における、患者データのアクセスと共有を簡単に行うことができます。同時に、iDMS®で一元管理された構造は、セキュリティに対する堅牢さを備え、不正アクセスを防ぎ、患者情報の保護と使いやすさの両立を可能にしています。

具体的には次のことを行います。

  • 診断画像を取り込み、保存します。取り込まれた画像データは、システムネットワーク内にある治療計画ワークステーションで閲覧可能になります。

  • 完成した治療計画を保存します。治療計画は確認や承認が可能になります。

  • 日々の実行された治療の進捗記録が保管されます。

  • システム全体の患者データの進捗を一つのシステムで管理します。データはシステムのネットワーク全体に配信され、医療従事者は常に最新の情報を見ることができます。

  • ユーザー権限の設定を通じて患者データへのアクセスを制御し、各種法令や部門ルールに基づく情報管理を強化できます。

  • 定期的なデータベースのバックアップや複数のディスクドライブを使用することで、患者データの安全性と完全性を確保しています。

iDMS®データ管理システムは、放射線部門の DICOMインターフェースを内蔵しています。このインターフェースは業界標準 DICOMプロトコルを利用し、腫瘍情報システム(OIS)に対して治療計画や照射情報をエクスポートします。 また、臨床の場の効率を上げるべく、部門全体のワークフローやデータの長期保存に役立つようにデザインされた機能を有しています。

■Storage Vault

長期データ保存のためのハードウェア製品で、容量36TBを追加できます。システムネットワークにシームレスに統合し、iDMS®データ管理システムとともに運用できるように設計されています。ユーザー毎に異なる機器構成に対応して患者記録を自動的に保管するソフトウェアを提供します。