ジョシュア H. レヴィン

ジョシュア H. レヴィン
(社長兼最高経営責任者)

ジョシュア H. レヴィンは2012年10月に社長兼最高経営責任者(CEO)と取締役会の一員としてアキュレイに入社しました。レヴィンは医療機器/医療技術産業分野において30年間の幅広く豊富な経験をもち、アメリカン・ホスピタル・サプライ、キネティック コンセプツ(KCI)、メンター、ジョンソン・エンド・ジョンソン、そしてイムコアを含む様々な主要企業において業務に携わりました。

レヴィンは、2004年から2009年初頭までメンターの社長兼最高経営責任者を務め、ジョンソン・エンド・ジョンソンへの売却に先立ち、戦略転換を通じて同社を率いてきました。レヴィンは、メンターで幾つかの販売、マーケティング部、そして最高執行責任者(COO)とグローバルの販売・マーケティング部門の副社長を含めた経営職を歴任し、計15年間同社での業務に携わりました。直近では、イムコアの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めています。レヴィンは、アリゾナ大学でコミュニケーション学位を取得、スタンフォード大学、ペンシルバニア経営大学院ウォートンスクールにて経営管理プログラムを修了しています。

その他、アキュレイの経営チームについてはこちらをご覧ください。