ACCURAY ACCURAY

サービス

サービス

サイバーナイフシステムは、サブミリメートルの照射精度でターゲットに高線量を集中させることが可能な高精度放射線治療機器です。

 

機能詳細 >Cyber​​Knife®︎S7TM

SPEED

Accuray Precision®︎治療計画システムに搭載されたVOLO最適化アルゴリズムにより、複雑なピンポイント照射を実現する線量分布を作成し、計画立案時間と治療時間そのものを短縮します。

PRECISION

ロボットにより様々な方向から自由度の高い照射が可能です。治療開始も腫瘍の位置情報を取得し照射位置を補正することで正常組織への照射を抑えます。

サイバーナイフシステムの追尾・位置補正機能には、次のものがあります。 (製品バージョンやオプションの組合せによって、全ての機能を搭載できない場合があります。) 

 

6D Skull Tracking System: 頭蓋骨の骨格構造を利用することで、侵襲的な頭部固定用フレームが不要になりました。頭蓋の位置を継続的にモニターし、治療照射中のターゲットのわずかな並進・回転の動きも自動補正します。 

 

Fiducial Tracking: 金マーカーを留置して追尾・位置補正を行います。肝臓、前立腺などの治療に使用します。 

 

Xsight Spine Tracking System: 脊椎の骨格構造を利用して腫瘍位置を自動検出・追尾し、脊椎内やその近傍に位置する症例において高精度な放射線治療が実行可能です。金マーカの留置手術は不要です。 

 

呼吸追尾システム: 治療を中断させたり患者を移動させたりすることなく、腫瘍の呼吸性移動にビーム照射位置を同期します。ゲーティング法や息止め法が不要で、マージンも減らすことができます。 

 

Xsight Lung Tracking System: 呼吸追尾システムとともに使用することで、肺腫瘍そのものを追尾します。肺がん治療における金マーカの留置手術が不要です(※条件を満たす腫瘍に限ります)。

MOTION SYNCRHNIZATION

ターゲットの動きを継続的に追尾して照射を行うことは放射線治療における課題の一つでしたが、サイバーナイフシステムは、頭頸部・肺・脊椎・肝臓・膵臓・前立腺など、治療部位に合わせた追尾・位置補正機能を備えています。 治療が開始されると、治療実行用ソフトウエアがロボットマニピュレータ・寝台・画像システムの動作や相互の交信を制御します。治療中に取得したライブ画像をDRR画像と照合し、自動的かつ即座に補正値を算出します。この補正値に基づいてロボットマニピュレータの動きを補正し、ビーム照射角度・タイミングを患者さんの状態に合わせます。

*サイバーナイフS7シリーズはM6の性能機能を引き継いだカスタムカラーモデルです。

販売名:サイバーナイフⅡ (医療機器承認番号: 21500BZG00041000)

販売名:サイバーナイフ ラジオサージェリーシステム(医療機器承認番号:22200BZX00721000)

販売名:サイバーナイフM6シリーズ (医療機器承認番号:22600BZX00126000)

販売名:Accuray Precision治療計画システム (医療機器承認番号 22900BZX00031000)